トップページ 誤嚥と食事の姿勢 椅子に持たせた機能 価格 お問い合わせ 当研究所概要

誤嚥とは?


食べ物や飲み物、唾液が誤って気管に入ってしまうことです。
誤嚥は飲み込む力が弱かったり、飲み込むための神経の働きが悪かったり、疲れていたり、集中力が途切れたり、姿勢を保つ力が衰えていたりすると起こりやすくなると言われています。

誤嚥で亡くなる高齢者は年々増え続けており、誤嚥が元の肺炎で毎日2万人もの高齢者が入院されています。

誤嚥を起こしにくい食事姿勢とは?


多くのお医者さんは誤嚥を避けて安全な食事をしたいのなら「前かがみの食事の姿勢」で食事をしなさいと口を揃えて仰っておられます。

前かがみの姿勢は、口が喉より下にあることで自分の意思で飲み込もうとするまで勝手に食べ物が喉に入り込めない食事にやさしく望ましい姿勢だといわれています。

🍀体具研の[介護用ダイニング椅子」は自然な前かがみ姿勢をしっかり保って食事のできる・飲み込み辛さ対応の「むせ難く上手くに飲み込める」「夢」のダイニング椅子です



誤嚥阻止と食事を見守る人の[目や手の]代わりをしてくれる機能


1. 医学文献では、誤嚥(誤嚥性肺炎)の唯一の防止策は頸部前屈位(厚労省用語)の食事姿勢の保持。嚥下機能訓練、口腔内清浄、抗生剤投与は代替(予防のための)策となっています。
2. 誤嚥は、加齢による全身の機能(嚥下機能や注意力の低下など)の衰えとともに始まり、次第にその程度と頻度はひどくなってゆく傾向があります。(不顕性誤嚥や脳血管障害等は除く・注意すべきは誤嚥の習慣化)
3. 誤嚥は食べることへの興味や意欲を簡単に奪い去り、急激に体力、気力(容姿容貌までも)そして免疫力をも衰えさせながら肺炎へと進みます。(70歳以上の高齢者が誤嚥性肺炎で毎日平均2万人が入院)
4. 誤嚥の瞬間は、名医であろうと薬であろうと止めることは出来ません。誰にも止められぬ誤嚥に対しては、唯一その役割を果たせる誤嚥対応機能を持つ椅子に任す(投入の)時代となります。

高齢者の食事は命懸け・・体具研の飲み込み辛さ、誤嚥対応のダイニング椅子は、世界初の食事姿勢保持機能が食事を見守る家族や介護される方の[目や手の]代わりをしてくれます。


正しい姿勢での食事をしっかり見守り、助けてくれる機能



いくら食べやすいトロミ食の工夫があっても、[むせたりせず又楽に飲み込む]ことが出来てはじめてトロミ剤や刻み食といった調理工夫が活かされるのです。

良い老人施設かどうかは食堂の設備と食事の様子を見ればすぐにわかるといわれています。
健康や元気そしてよく眠ることさえ上手く「食べ・飲み込む」ことなくして叶えられないのです。

むせにくく楽に飲み込める姿勢保持機能(防止策)を持たせたダイニング椅子。
この椅子で食事をしたり、間食、水分補給そして食後や就寝前に口を漱いだりしていることで実は、
@効率よく命や健康の糧(カロリー、栄養素、水分)を摂り(免疫力UP予防策)つつ
A同時に嚥下機能訓練(予防策)や口腔内清浄(予防策)そして胃の逆流を防ぐ(予防策)という、
B厚労省や専門医が提唱し、マスコミで紹介されている総ての誤嚥や誤嚥性肺炎の予防・防止策を無理なくそしてしっかりこなすことで「究極」、「夢」のダイニング椅子と言われているのです。